そらといっしょ
<< September 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

終生飼養

2013.09.05 Thursday | 動物愛護

昨日の記事の続き。

改正動物愛護法で終生飼養が法律化されたけど、それが決して動物にとって幸せで無い場合もある。
だからと言って、むやみに手放して良いわけでもないけど・・・。

近所のお散歩コースに、新築し引っ越してきた家がある。
遊歩道に面した勝手口側の、雑草が生い茂った場所に汚い犬小屋があり、1匹の白い雑種の中型犬と思われる犬がいる。
鎖で繋がれ犬小屋から出てきた事がないので、大きさは不明。
猛暑の中、最初は積み上げられたタイヤと、エアコンの室外機の間に犬小屋があった。
勝手口には、家庭のゴミ箱がいくつか置いてある。
そんな所に犬小屋がある。

洗った事もなさそうな汚い餌入れ、ゴミの浮いた水入れが無造作に置いてある。
夜ドライフードを入れたまま、朝再びドライフードを入れるまで多分そのままの様子(1日2回餌あげているかも不明)。
明け方お散歩で通ると、餌入れにドライフードが残っている事があり、その量がまちまちなので、餌だけやりそのまま家に入るんだろうと、夜餌を食べたり食べなかったりなのかなと推測してる。

明け方の散歩の時、なるべく通りから様子を見るようにしている。
勝手にシロと名付けて、声を掛けている。
ご飯食べてないな、大丈夫かな・・・。
ただ見ているだけしか出来ない中、積み上げられたタイヤと室外機の間という最悪の場所から犬小屋は移動して若干環境はよくなったものの、みるみる雑草がおいしげり背が高くなり、犬小屋が随分見えなくなってきた。

こんな事平気でする人間が許せない。
こんな事平気でする人間が表通りじゃ、母娘で自宅カフェを経営している。
自宅カフェをおしゃれ?に経営している勝手口側では、劣悪な状況で犬を飼っている。
しかも結構人通りのある遊歩道でフェンスも立ててないので、犬の飼育状況を人目にさらしている。
そういう事人に見られても平気だと思ってる、犬の事なんてどうでもいいって事だ。
しかも娘はまだ若い(ネットで母娘で顔をさらしてる)。
同じ女性として、しかも私より若いのに、この状況をなんとも思わないんだ。
カフェがどんなに評判のカフェになっても、死んでも行かないと思ってる。

終生飼養は当たり前だけど、終生飼養が本当に良い事なのか。
心無い飼い主・劣悪な環境等飼い方に問題がある場合、通報出来るアニマルポリスとこういう子を引き上げられるアニマルシェルターが日本にも出来て欲しい。
そしてこういう飼い主の元に、2度と動物が行かないようになって欲しい。
author : そらママ | comments (0) | -