そらといっしょ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Breeding

・そらとの出会い

「ネットブリーダーに反対」と言っておきながら、そらはネットブリーダーで購入しました。当時私達はあまりにも無知でした。我が家にダックスを迎えたいと思ったものの、ペットショップに多少は疑問もあり、ブリーダーから迎えようと思っていました。ブリーダーについてネットで調べてると、たまたま見つけたネットブリーダーのサイトに載ってたそらの写真。その写真を見たら、その子のことしか考えられなくなり、ブリーダーに問い合わせをしました。
そのブリーダーは「交配もやってるよ。空輸で送ってくれれば、交配させて送り返すから。生まれた子供も引き取るよ。チョコが出るようにかけるよ〜」と、こんな事も言ってきました。疑問に思いながらも結局購入してしまいました。本当に無知だった私達は「難しいチョコタンでもブリーダーだと出せるんだ」なんて思ってしまいました。今思うとチョコタンとかける気だったんだろうなと思います。電話で「親は何色か」「共働きだけど大丈夫か」等、色々聞いたのですが、そんな質問も全て無駄でした。
そらは空輸でやって来ました。家に来た時、そらは下痢ウンチまみれでした。きれいに拭いても匂いは1週間とれませんでした。体も柔らかく、歩き方もヨチヨチしてて、実家のダックスくうの最初の状態とは明らかに違いました。そらが育ってきた環境がおおよそ予想出来ます。ブリーダーに電話で質問しても、いい加減で適当な答えばかり。フードについては「2回で十分」と言う時点で、このブリーダーを疑問に思わなければいけなかったのに。このブリーダーに対し、徐々に疑問が出てきました

・悪徳ネットブリーダー

そのブリーダーが血統書を改ざんしていたという事実を知ったのは、2003年8月です。両親共に不明で、血統書は失効になりました。そのブリーダーは、JKCから資格は剥奪されたものの、未だに「血統書なし」で子犬を破格でドンドン売っています。「血統書が無いのは全ての手間を省くため」「価格を安くする為」とサイトには書いてあります。また「血統書のごく一部に間違いが生じた」等とも書いていますが、JKCに聞いたところ検査したダックスのほとんどが親子関係不一致(血統書改ざん)という結果でした。犬を管理する立場にある人が、こんなに「間違える」事なんてあるのでしょうか?
そんな中、ドンドン子犬は売約済みになって行きます。「純血種」を「買う」にあたって、「血統書が無い」という事は問題だと思います。私は血統書そのものに価値を見出せないし、血統自体に興味もありません。そう思ってる方もいると思います。ただ、犬を販売するのなら、そういう書類を出せる所である必要があるし、書類上の手続きさえもきちんと出来ないブリーダーなら、繁殖自体もいい加減という事ではないのでしょうか。
最近は成犬譲渡・MIX犬の販売・・・。繁殖犬は数百匹!最近の子犬の写真を見てると、目の青い子や模様の汚い子、見た事無い珍しい色・・・。そんな子を「稀少、滅多に出ません」と売っている。そんな見るからにおかしい外見は、無茶な掛け合わせをした結末なのに。血統書が出せない事によって、薄利多売になってきてる。そんなブリーダーの元で生まれたそらは、乱繁殖の犠牲犬、商売の為だけに生まれて来たんです。どんな状況で育てられたか、どんな親だったかまるで不明なので、今は健康体ですが、突然先天性の病気に襲われる可能性もあります。
未だにそのブリーダーの所には、悪環境で犠牲になってるダックスやその他の犬種が沢山いるんです。写真だけで生体を買うなんてもってのほかなんです。そらとの出会いに後悔はありませんが、ネットブリーダーを選んでしまった自分にはすごく後悔し、不勉強さを反省しています。

・ペットショップ

ガラスケースやダンボールの中で、沢山の人の目にさらされている・・・。この状況が子犬にとって良いと思いますか? たった1頭の犬でさえ、問題は色々あったりするのに、多種多様な犬種をいっぺんに扱う事って出来るでしょうか?ペットショップで売られる前に、まず市場でせりに掛けられます。ペットショップに売られてる時点で2ヶ月以下の子が多いという事は、市場にはさらに早く出ているんです。親兄弟からこんなにも早く引き離すのは子犬にとって良いと思いますか?以下はしつけ教室のトレーナーさんが言ってたお話です。

「これから犬を飼おうとしてる方は、ペットショップから絶対買わないで下さい。」
・市場に出てからペットショップに出るので、早くに親から引き離されるから。
・最低でも2〜3ヶ月まで親元にいるべきである。
・それぞれの犬種にはそれぞれの特徴があるので、多種多様な犬種をペットショップでは管理しきれるはずないので。
・いいブリーダーさんなら、自分が育ててきた子を見ず知らずの人に買われるペットショップではなく、直接飼い主を選びたいと考えるから。
・ペットショップにいるのは、ブリーダーから見放された子だ。

ペットショップの犬を悪いと言ってるわけではありません。ペットショップそのものが良くない文化なんです。実際海外では生体を売るペットショップなんてものはあまりありません。良いブリーダーなら、台オス・台メスはスタンダードの血を残すために手元に残しておくはずです。ペットショップの犬も「家庭犬」という枠に当てはまるはずです。当然ブリーディングにはむきません。あなたのパートーナとして向いてるって事なんです。
ほとんどの人が犬を迎えるのにペットショップを利用してる状況です。ペットショップの悲しい話は沢山あります。だからこそ、ペットショップについてもっと知らなければいけないんだと思います。

・素人繁殖

自分の子が見た目健康で何も危機感がないのか、ダックスの素人繁殖は本当に多いです。↑にも書いたように、ブリーダーが外に出した子は繁殖には向いていません。繁殖は本当のプロがやるべき事です。交配したら子供が生まれる・・・それだけではすみません。死産・流産、母体に少なからず悪い影響を与えるし、出産したとしても奇形児や生まれつき弱い子、健康な子が生まれるとは限りません。プロでさえ、それはわからない以上、知識の無い素人なら尚更、するべき事ではないんです。きちんとしたブリーダーは犬質・色・遺伝上の問題・・・全ての事を研究して、スタンダードな血同士を交配させているんです。こういう事に何十年もかけているんです。こんな事が簡単に出来れば、世の中にブリーダーという職業は成り立ちません。海外のダックスと比べると、日本のダックスの外見が明らかに違うと思いませんか?人気犬種だからと、素人や素人ブリーダー、商売目的のブリーダーに乱繁殖され、ダックスの血が悪くなっているのです。
「この子の子供が見てみたい」わからなくもありませんが、それは飼い主のエゴです。子供を産みたいとあなたの犬が言いましたか?きちんと犬と向き合って下さい。あなたにどうして欲しいって思ってるかわかるはずです。私達はそらに1分1秒でも永く生きて欲しいし、そらもきっと私達と、ただずっと一緒にいたいと思ってくれてるはずです。犬も飼い主も「一緒にいるだけで幸せ」。それじゃダメなのでしょうか。
安易な素人繁殖をしてる人に多いのが、「自分は勉強した」「安易な交配はしていない」と言う人です。「勉強した」と言うのは、一体何について勉強したんでしょう?カラー遺伝ですか?ダックスを飼うなら当たり前の基礎知識です。命を誕生させる以上、プロと同レベルになって初めて勉強したと言えるのではないでしょうか?「健康な犬」というのは、何処で判断するんでしょう?大学病院等医療施設のあるところで、両親犬とも精密検査は受けたのでしょうか?両親犬の何代も前まで遺伝的に問題が無いか調べたのでしょうか?外見・性質はどうなのでしょう?ダックスのスタンダードから1つでも外れていれば交配に向きません。交配に向き、血を残すべき犬というのはこういう条件を全てクリアした犬なのです。結局、安易な素人繁殖・自称ブリーダー(素人ブリーダー)によって、ダックスのスタンダードの血がどんどん薄まってるのは事実です。これはダックスや繁殖について勉強すれば、すぐにわかる事です。
血も涙も無いと言うような言われ方をした事があります。どういう経緯であれ、生まれた子供に罪は無いし、かわいいのは事実です。ただ、安易に繁殖された命について、「かわいい」と認めてしまえば、その人は永久に素人繁殖の間違いに気付かないのです。
悪徳ブリーダー・ペットショップは良くないと受け入れられやすいですが、素人繁殖の間違いに気付く人は少ないです。素人が新しい命を生み出さなければ、スタンダードの血が薄まった犬がここまでに広まる事は無かったでしょう。ペットショップで売れ残った犬は、どこに行くかご存知ですか?「処分」される犬もいるのです。素人によって生み出された命を引き取った人は、犬を飼う気があるのです。この人が処分されそうな命を救えるかもしれません。処分されそうな命を救う機会を、安易に命を生み出してる人達が無くしてしまっているのです。
悪徳ブリーダー・ペットショップ・素人繁殖・・・安易に生まれてくる命の陰に、不幸な命が沢山いる事を忘れないで下さい。非常に悲しいですが、下記に紹介するサイト、これが現実です。自分の犬が良ければ・・・そんな事をこのサイトを見てもまだ言えますか?直接関係ないからどうでもいい話だと思う方もいるかと思いますが、犬が好きなら自分の子を理解したいなら、この現実から目をそむけないで下さい。こんな事が日常に行われているんです。年間何十万頭と犬猫が「処分」されていても、まだ新しい命を生み出そうと思いますか?これ以上むやみに命を増やす事は、お願いだから止めてください。

自分の子をより愛せるよう、安易に命を作り出す事が減り、不幸な命が少しでも減るよう願っています。
非常にショッキングな写真も出てきます。覚悟して見て下さい。コチラ